多方面からのリクエストで(ほんとか?)(笑)

ハタのチンジョンのレシピを再アップします。


まずは魚を下ごしらえします。
まあ、大雑把にぶつ切りですな。
2014-09-18-19-23-09



で、塩をしておくのですが、コツは多めに振ること。通常の味付けの塩加減ではなく、鮎の塩焼きのようにたっぷり振って30分ほど馴染ませます。


他に用意する材料は太ネギと新生姜。
2014-09-18-19-29-07



この料理では生姜は風味を着けるだけではなく、生姜そのものもガリガリと美味しく食べるので新生姜を使い、少し大きめにスライスします。




ネギはぶつ切りで青い部分を蒸し皿の下に生姜と一緒に敷き
2014-09-18-19-41-26




白い部分は食べるために魚と一緒にその上に載せます。
2014-09-18-19-43-05






そしてその上から紹興酒を回し掛け。
2014-09-18-19-43-26




2014-09-18-19-43-46



紹興酒のコクと甘味が淡白なハタの身を引き立てるのです。




ここから20分ほどしっかり蒸します。
2014-09-18-20-03-12






で、程よく蒸し上がったら細く刻んだ白ネギと生姜を上に散らし、煙が出るほどカンカンに熱したサラダ油を上から満遍なく回し掛けます。







実はこの料理の最大のポイントがこの油で、釣ってきたばかりでまだ熟成されてなく、プリプリと食感は良いものの脂肪の少ないハタの白身に脂の旨味を加えるもので、この辺が和食の『酒蒸し』と全く違う部分なのです。





で、豪快な男料理の出来上がり(笑)

2014-09-18-20-17-34






2014-09-18-20-18-30

皆で取り分けますが、蒸し汁をたっぷり掛けて食すると卒倒ものの旨さですな。


骨も皮も隅々までしゃぶりながら召し上がれ(^_^)